KLIA2クアラルンプール空港からランカウイ島へ

ランカウイ島へは大多数の方はマレーシアの首都、クアラルンプールで国内線に乗り継ぎをして行くことになります。

KLIA2クアラルンプール空港からランカウイ島へ

クアラルンプールにある2つのターミナル

マレーシアの首都、クアラルンプール空港には以前からあったKLIAとLCC専用ターミナルのKLIA2の2つのターミナルがあります。LCCとは「Low-Cost Carrier」、エアアジアなどの格安航空会社のことです。
※2006年3月23日に開港したLCCTは2014年5月に廃止され、現在のKLIA2が格安航空会社専用ターミナルとして新たに誕生しました。

マレーシア航空などの従来からある航空会社はKLIAターミナルを使用します。このKLIAとKLIA2の2つのターミナルはシャトルバスで約5分、KLIAエクスプレスという電車だと隣同士の駅なので乗車時間約3分、RM2(約60円)で移動できます。

LCC専用空港、KLIA2で乗り継ぎ

私たちはエアアジアを利用したので、KLIA2ターミナルでした。

KLIA2クアラルンプール空港からランカウイ島へ

出発ゲートのある建物とは別でGatewayというショップがいくつか入っている建物もあります。セブンイレブンやファミマもあり、イートインスペースが併設してあるので時間がなくてもサクッと腹ごしらえできます。

KLIA2クアラルンプール空港からランカウイ島へ

KLIA2クアラルンプール空港からランカウイ島へ

朝が早かった我が家はファミマでカルピスウォーターとおにぎりで遅めの朝ごはん。子どもたちのテンションがあがりました。

KLIA2クアラルンプール空港からランカウイ島へ

ファミマの近くにはおむつ替えや授乳が出来るスペースもちゃんとありました。手を洗えますが、ハンドソープがなかったのは残念。

KLIA2クアラルンプール空港からランカウイ島へ

腹ごしらえをしたら出発ゲートのある建物へ移動。屋根のついた通路をまたいですぐにあります。

KLIA2クアラルンプール空港からランカウイ島へ

国際線はメインの入り口を入ってまっすぐ進むと出発ゲートがありますが、ランカウイ島へ行く国内線は入り口を入って左奥へ進みます。

KLIA2クアラルンプール空港からランカウイ島へ

ランカウイ島にもあるパン屋さん、The Loaf。

KLIA2クアラルンプール空港からランカウイ島へ

気軽に食べられそうなレストランがいくつか通り過ぎ…

KLIA2クアラルンプール空港からランカウイ島へ KLIA2クアラルンプール空港からランカウイ島へ

このショップの左横にある国内線の出発ゲートで搭乗券を見せて入ります。国内線の出発ゲートを入った後はほとんどショップはありません。KLIAよりも大分シンプルな作りです。腹ごしらえは出発ゲートを入る前に済ませた方がいいと思います。

KLIA2クアラルンプール空港からランカウイ島へ

搭乗ゲート到着。12:05発の予定が遅延になり、搭乗ゲートも変更になりました。

KLIA2クアラルンプール空港からランカウイ島へ

遅延や搭乗ゲート変更はエアアジアはよくありますので、アナウンスが流れたら注意をして聞きましょう。

KLIA2クアラルンプール空港からランカウイ島へ

飛行機に乗り込む際はプレミアムフレックスを申し込んだ優先搭乗から。その後は座席のシート順に列があり、順番に乗り込みます。国内線なのでお水の持ち込みはOKです。

KLIA2クアラルンプール空港からランカウイ島へ

KLIA2クアラルンプール空港からランカウイ島へ

座席スペースは157cmの私でこれくらい。

KLIA2クアラルンプール空港からランカウイ島へ

男の人だと少し狭いですが、1時間のフライトなので問題ありません。機内は寒くなることがあります。エアアジアは毛布などの貸し出しも有料になりますので、防寒服は用意していきましょう。

最終的に約1時間半遅れの13時半に出発。一路、ランカウイ島へ向かいます。

The following two tabs change content below.
Mari

Mari

元ランカウイ島在住のランカウイ好きママ。 子供と一緒に楽しむ&遊ぶランカウイをレポートしていきます。