ランカウイ空港でレンタカーを借りる方法

ランカウイ島に住んでいた時は自分たちの車を運転していましたが、今回の旅行では初めて、ランカウイ空港にあるカウンターでレンタカーを借りてみました。

ランカウイ空港に到着

クアラルンプールから1時間弱でランカウイ島に到着。「ランカウイ国際空港」という名前ですが、こじんまりとした空港です。

KLIA2クアラルンプール空港からランカウイ島へ

飛行機から降りたら建物まで歩いて1分。

こちらの国内線専用の到着口から中に入ります。国際線でランカウイに入ったことがないのでこちらの入り口しか知りません。

到着エリアの様子

国内線到着エリアの様子です。

写真右手に荷物カウンター、左手の奥に見える黄色い看板はレンタカーや観光などの受付カウンターがズラリ。そこを過ぎるとすぐに外になります。

荷物が出てくるエリア。ココだけなので迷う心配もありません。

ズラリと並ぶカウンターから勘を頼りに選ぶ!

いつもは荷物を取ったらサッサと外に出るのですが、今回はズラリと並ぶカウンターの中からレンタカーを選ぶことにしました。

違いがさっぱり分からないし、どこも60%って書いてあるし…。でも、とりあえず右から3番目、Langkawi Discoveryのおばちゃんにお願いすることにしました。

NissanのX-Trail、料金表にはRm350(約9,700円)と書いてありますが、実際には10/31のお昼過ぎから11/4の朝までの4日間でRm350+デポジット(レンタカー返却後に返金)Rm50(約1,400円)で借りられました。

レンタカー受け取り場所

レンタカーを受け取るのは空港を出てすぐです。

到着ゲートを過ぎると両脇に両替所があるので、ここで必要な方は両替をしましょう。

出口付近にはタクシーカウンターもあります。

自動ドアを出るとSIMも買えます。私たちは乗り継ぎ時のKLIA2でmaxisの3GBまでRM25(約700円)を購入しました。

私たちのレンタカーは自動ドアを出た所でしばらく待っていると、スタッフのお兄ちゃんがやってきて…

歩いて左側に1分行ったMarryBrownの前あたりでレンタカーを受け取りました。

車を見ると…あちこちに傷があり、ちょっと不安になりました。

フロントガラスに縦に大きな傷

傷については事前にスタッフと一緒に確認をして、追加料金はとらない約束をしました。(当たり前!)心配な方はスタッフと一緒に傷部分の写真を撮っておくのもいいかもしれません。まぁ大丈夫だろう、と出発しましたが、エンジンをかけて信号などで停車している時の振動がすごい。胃が大きく揺れるほどの振動で、いきなりエンストされたりしたらたまったもんじゃありません。かなり心配になったので、すぐに電話して車を変えてもらう交渉をしました。

結局、その日は変更できませんでしたが、翌朝、宿泊先のホテルまで代車を持ってきてくれて無事に変更できました。

変更あとの車

変更した後は問題なく、最終日まで快適に乗れました。

レンタカーを借りたらまず、ガソリンを入れましょう

日本だとレンタカーはガソリン満タンにして返却ですが、こちらは乗ったらすぐにガソリンを入れないと危険です。いつ止まるか分かりません。

ほぼエンプティに近い状態が普通です。なので、真っ先に向かうのはガソリンスタンドになります。

参考:レンタカーでランカウイ島を巡ろう!【ガソリンの入れ方】

Rm10(約280円)で4.5L入りました。今回は翌朝に車を変更する予定なので、最低限だけの給油です。

給油が済んだら、遅めのお昼ご飯&1泊だけの贅沢ホテル、ザ・リッツ・カールトン・ランカウイ(The Ritz-Carlton, Langkawi)へ向かいます。

※2017年10/31-11/4までのランカウイ島旅行の記事になります。

The following two tabs change content below.
Mari

Mari

元ランカウイ島在住のランカウイ好きママ。 子供と一緒に楽しむ&遊ぶランカウイをレポートしていきます。